前へ
次へ

不動産デベロッパーの業務

不動産売買業務は、主に「仲介」と「分譲」の2つに分けられます。仲介というのは、誰かが所有している不動産を、代わりに販売する業務です。代理で販売し、成約後に報酬をもらうということです。これに対し、デベロッパーといわれる分譲の方は、土地の借り入れから建物の建築までを行い、それを販売して利益を生み出す仕組みとなっています。主に、マンションの分譲、オフィスビル、ショッピングモール等の商業施設を企画し、建造して売るのです。最初に動く資金は巨額になりますが、利益もその分大きくなるというものです。企画する内容としては、ショッピングモールであればどのようなモールにするのか、地域の需要はどうかなど、綿密にマーケティングを行っていくのです。デベロッパーという仕事はこれからも需要があると言えます。

トイレリフォーム 旭区
格安施工のウォーターソニックにご相談ください

山梨で耐震性・安全性に優れた注文住宅を建築できます
第三者機関で、長期間安心して住める住まいとして認定を受けています。

蓄熱構造のある構造体に外断熱は有効です
コンクリートには有効ですが、木造住宅に施工してもそれほど意味はありません。

騒音トラブルの心配がない鉄筋コンクリート製の住宅
外壁が分厚いため、外の騒音を気にせずゆっくりと眠れます。

追加料金の心配をせずに茨城でリフォームができます
商品・工事費などが含まれた料金のため、追加料金を請求される心配はありません。

不動産取得税のきまりと手続き

不動産取得税は使い道を特定されない普通税の一つで、不動産を手に入れた時に、その不動産のある都道府県から課される税金です。ただし、10万円未満の土地、23万円未満の新築や増改築、12万円未満の家屋の承継取得に関しては税金が課されません。基本的に税率は4%ですが、平成18年4月1日から平成27年3月31日までに住宅や土地の取得が行われた場合は、その税率が3%になります。土地や家を購入した際に各地市町村役場等に手続きを粉います。それからおよそ4から6か月後に納税通知書が送付されるのでそれを読み、期日までに指定された方法で納税を行いましょう。多くの場合は、金融機関、県税事務所、コンビニなどでの納付が可能です。

Page Top